キャラクター

【スト5/ガイル】起き攻め重ねセットプレイ集/持続重ねでカウンターを

ガイル起き攻め
セットプレイ集第2段、今回は起き上がりの重ねセットプレイを紹介します。

スト5の起き上がり/受け身

格闘ゲーム全般ではダウンを取り、相手の起き上がりを攻めることはとても有利です。

スト5ではこの「起き攻め」に対抗する手段として、2種類の受け身があります。

①【その場受け身】 ダウン時に↓orPボタン2つ同時押し

その場で即立ち上がります。

相手との距離は離れないのでほぼ密着から再開となりますが、相手に準備をする間を与えません。

②【後ろ受け身】ダウン時に←orKボタン2つ同時押し

後ろに下がって起き上がります。

めくられにくくなりますが、画面端が近づいてくるので多用はできません。

これに加えて「受け身なし」も選択肢としてはあり、受け身前提で行動する相手のタイミングをずらす効果があります。

それぞれの受け身を使い分けることで、起き攻めをかわしいくというわけです。

起き攻めセットプレイまとめ

参考動画

これらの起き攻めは基本的に無敵技以外には負けません。それどころか相手が行動していたらカウンターが入るため、強い攻めとなります。

動画の順番とは違ってきますが、相手の受け身の種類ごとにセットプレイを見ていきます。

また、コンボは基本的に起き攻めがカウンターヒットの場合のみつながります。ヒット確認が出来なかった場合のキャンセル必殺技はソニックが安心です。

また立中P→屈中Pはガードでも3F暴れつぶしになるため、積極的にいけるつなぎとなります。

相手がその場受け身をとった場合

①屈強K(1段目)→(ダウン)→立中P→屈中P→ソニック(動画1:07)

かなり近くないと立中Pがスカってしまいます。

②サマー→(ダウン)→前ステ→立中P→屈中P→サマー(動画1:18)

現状、使う頻度が一番高いセットプレイです。

③EXソニック→(ダウン)→前ステ✕2→立中P→屈中P→サマー(動画1:35)

下タメがなくEXソニックでコンボを締めたときに狙っています。

④EXソニック→(ダウン)→前ステ✕2→バンスト(後強P)→屈強K(動画1:39)

持続フレームを重ねているためかクラッシュカウンターの場合は空いてが少し高く浮き、屈強Kが追撃で入ります。画面端だと入らないようです。

⑤後ろ投げ→(ダウン)→立大K→屈小P→サマー(動画1:54)

スト5では、投げはその場受け身のみ可となっています。後ろ受け身がないので、受け身を確認せずに立大Kまで出してしまってものリスクは低いです。

⑥後ろ投げ→(ダウン)→バンスト(後大P)→ソニックハリケーン(動画1:58)

ハリケーンがあるときは狙って行きたいですが、倒しきれないと確反があります…

⑦空前投げ→(ダウン)→前ステ→立中P→屈中P→サマー(動画2:05)

空投げからも受け身はその場受け身のみです。

しかしどうしても空投げは後ろにしてしまう…

⑧空前投げ→(ダウン)→前ステ→屈大P→屈小P→サマー(動画2:10)

しゃがんでいられるのでこっちのほうがコンボは簡単です。

⑨ブレットリボルバー(TC:屈弱K→立中P→前強P)→(ダウン)→前ステ→バンスト(後強P)(動画2:28)

ソニックブレイクを盾にスカし下段を入れた後に狙っています。

⑩ブレットリボルバー(TC:屈弱K→立中P→前強P)→(ダウン)→前ステ→遅らせ立強K→Vトリガー→ソニック→ブレイク✕4→テンペスト(動画2:33)

テンペストまでつながる強い連携ですが、立強KからのVトリガーキャンセルが、確認からだと難しいです。ほぼ決め打ちする感じになっています。

スポンサードリンク


相手が後ろ受け身をとった場合

①サマー→(ダウン)→前ステ→前ソバット(前中K)→屈小P→サマー(動画1:23)

ソバットガード時の不利は2Fです。多用はしづらいです。

②サマー→(ダウン)→前ステ→遅らせ立中P→屈中P→ソニック(動画1:28)

中Pは遅らせなのでタイミングがちょっと難しいです。

③EXソニック→(ダウン)→前ステ✕2→少し前歩き→立中P→屈中P→サマー(動画1:44)

前歩きは慣れないためかタメがシビアに感じます。

④EXソニック→(ダウン)→前ステ✕2→リバスピ(前強K)→屈小P→サマー(動画1:47)

リバスピはヒット確認がしやすい技なので使いやすいセットプレイです。後ろ受け身読みのときは一番多用しています。ガード時の不利は1Fとソバットより短いです。

⑤EXソニック→(ダウン)→前ステ✕2→中段(前中P)→屈小P→サマー(動画1:51)

中段なのでしゃがみガードも崩せますが、サマーなど一部の必殺技には、たとえ完全無敵が無かったとしても負けてしまいます。

相手の受け身なしの場合

①屈強K(1段目)→(ダウン)→屈強K(スカる)→立中P→屈中P→サマー(動画1:12)

屈大Kがクラッシュカウンターで入った場合、相手は受け身を取れません。そのためクラッシュカウンターの場合は迷わずこのセットプレイで起き攻めを重ねられます。

まとめ

安心して重ねられるって素晴らしいです。特にその場受け身、後ろ受け身ともにサマーが起点になるレシピがあるので重宝してます。

また、あくまで現段階でですが、立中P強いですね!今まではリーチなさすぎで使えないって思ってたんですが、ガンガン使ってます。あとはタメが間に合わないことがあるのをなんとか練習して改善したいです。

結構使えるものが多いと思います、いいものはぜひ使って下さい。