キャラクター

【スト5/ガイル】知識がつくる勝利/フレームトラップ集

ガイル立ち
フレームトラップを簡単に言うと「相手が反撃しようとした場合、逆にカウンターを取れる連携」となります。

スト5ではウル4にあったしゃがみグラップの削除とクラッシュカウンターの追加により、このフレームトラップはとても有効な攻めの手段となりました。

今回はスト5ガイルのフレームトラップを紹介していきます。

スト5フレームトラップ基礎知識

技同士がかち合った場合、強度の強い技が一方的に強度の低い技を潰す

スト5では、互いの攻撃判定が同時に発生した場合には、弱攻撃よりも中攻撃が、中攻撃よりも強攻撃が相手の技に勝つシステムとなっているようです。

これをフレームトラップに利用すると、同時までなら技の強度でカウンターを取れる事になります。

スト5ガイルフレームトラップ集


参考動画

3F暴れつぶし

立弱Por立中P→屈中P→EXサマー

立弱Pまたは立中Pから屈中Pへのつなぎが3F暴れつぶしになっています。

また、屈中Pがカウンターとなった場合には5Fの有利となり、キャンセル無しでもEXサマー(発生4F)がつながります

サマーの入力自体は難しくないので、カウンター確認で確実につなげるようになりたいです。

立中P→立中P→前強P(裏拳)

こちらも立中Pから立中Pへのつなぎが3F暴れつぶしになっています。

ガードされた場合のフレーム差は–8と大幅不利ですが、Vトリガーキャンセルはできるので、それでフォローしていきましょう。

ガイルハイ(↘︎+強K)→ニーバズーカ(←+弱K)→立中P→屈中P→ソニック

ガイルハイで浮いた相手にニーバズーカで追撃すると、着地の立中Pが3F暴れつぶしになります。カウンターの場合はここから屈中Pがつながりソニックまでコンボとなります。

ガイルハイを生で決めるタイミングは少ないですが、画面端近くでやるとおもしろいかもしれませんね。

4F暴れつぶし

立中P→立強P→ガイルハイ(↘︎+強K)→ソニックハリケーン

立中Pから立強Pへのつなぎが4F暴れつぶしになっています。ただし立強Pガード時のフレーム差はマイナス4なので、あまり使い過ぎると確反をもらってしまいますね。

立弱Por立中P→屈中K→前中P

立弱Pまたは立中Pから屈中Kへのつなぎが4F暴れつぶしになっています。後半部分は中段へのTCですが、現状では結構食らってくれています。有用なフレームトラップです。

屈中P→立弱P→屈中P→ソニック

屈中Pから立弱Pへのつなぎが4F暴れつぶしになっています。

屈中Pのガード時のフレーム差が+1で、立弱Pの発生は4Fです。差し引き3Fですが、弱攻撃での暴れつぶしなので4Fとなっています。

スポンサードリンク


グラップ狩り

立弱P→リバスピ(前強K)→屈弱P→サマー

立弱Pの後のリバスピに投げ無敵があり、そこでグラップを狩れます。リバスピがカウンターで入った場合には屈弱Pがつながり、コンボまでつないでいます。

立弱Pの有利が3Fで、相手の投げの発生が5Fなので、差し引き2Fの間に投げ無敵となっているのでしょう。

リバスピのカウンターヒット確認は難しくなく、これも使える連携です。

インスタント中段(発生が早い中段)

飛び込み攻撃→バックジャンプ弱P

F式というやつですね。相打ちでもKOできる場合などは対空をしてこないことが多いようです。というわけで最後のトドメに狙うことがあります。

F式を簡単に解説(クリックで開きます)

自キャラがジャンプ攻撃をガードさせる

相手に立った状態でのガード硬直が発生する

相手がしゃがみガードをした場合、硬直中なので当たり判定は立ちのままになる

自キャラがジャンプの昇りで攻撃を出す

しゃがんでいると当たらないはずの攻撃が当たる

ガードの硬直で相手の当たり判定を固定する事が必要なので、ガード硬直の長い攻撃を当てたほうがつながりやすいことになりますね。

まとめ

ガイルは守るキャラということですが、どうやら守ってるだけだとすぐ逆転されますね。攻めも結構重要そうです。覚えて練習してどんどん攻めていきたいです。